仕事を効率よくしていく上で、

「分類」や「カテゴライズ」は重要ですね

最近では、断捨離(必要のないものを断ち、捨てて、 執着することから離れる)だとか、

ミニマリスト(いらないものを捨てて整理し、シンプルに生きようというような意味)だとか、

そういう言葉も流行っていますが

【片づけとは、つまり分類の事である】ともいえます。

通常、

【種類別にものを分けて整理していく】というのが、

ほとんどの片付けの基本です。

 

確かに、整理されて、一見きれいには見えるのですが、

仕事の効率としてみた場合は、、必ずしも良くはないんです。

 

じゃあ、どうすればいいのか?というと、

「シーン別」に分類していきます。

 

会議、旅行、朝、寝る前・・・

行動パターンに合わせた分類と、準備です。

 

朝、何しますか?

何を使いますか?

それらのものを ひとまとめにして、分けて置いておく、とか。

ひとつのバッグや、入れ物にまとめる、とか。

 

たまにしか使わないものは、種類別の分類でかまいません。

 

でも、毎日使うものや、せめて週に1度は使う、っていうものは、

シーン別に分けていきましょう。

 

モノでも、データでも、同じです。

出かけるとき、何かをするときに、

その、準備したバッグひとつで すべて完結し、

アレコレ探さなくてもいいように、普段から分類しておきましょう。

 

スポンサーリンク