ビジネスだけでなく、スポーツでもなんでもそうですが、

成功する人って、前向きだし、失敗をおそれない。

そして、変化をおそれません。

 

実は、人間の脳は、大きな変化を嫌うようにできています。

【大きな変化 = 恐怖である】

しかし、それによって動けなくてじっとしているのは、

現状維持ですらなく、後退だと言えるでしょう。

 

いきなり大きな変化を

自ら起こすのは負担が大きいので、

小さな変化をコツコツと積み上げ、

トライ&エラーをひたすら続けていくのが良いと思います。

 

よく、新しいことを始めてみたけど

うまくいかない、または続かないとき、

自分に対して言い訳をする人が多いですが

(例えば、時間がなかったとか、環境が悪かったとか)

 

言い訳をするというのは、

脳科学的に言うと、当然のことなのです。

脳は、大きな変化が恐怖だと言いましたが、

脳の仕組みとしては、「安定化志向」なのです。

できない理由を考えることで、
安定化をしている、ということなのです。

 

「今の状態」が一番心地よく、

さらに、脳は相対的価値判断ができないので、

【変化する】ということは

良い方でも悪い方でも苦痛を感じるんです。

 

なので、基本的に、

海馬が「変化」だと気づかないくらいの

小さな変化を続けていくことがよいですね。

 

人が、「なにか始めよう」としたときに、

いきなり全てが成功する人などいないわけで、

たいていが、1歩踏み出して、最初失敗・・・というか、

思った通りにはいかないわけです。

 

それを乗り越えて、あきらめず、

常に前向きに考えていかなければいけません。

スポンサーリンク