「なにかやりたい」
「自分で起業して、夢をかなえたい」

・・・こんな風に、前々から思っているんだけど、

自分には何ができるの?

どんな業種が自分に向いているかわからない・・・

そう思ったことがある人は

ぜひ読んでみてください。

こんな風に思う方に多い傾向は、

今まで、ほどほどに、何でもできてきた器用な人で

「やればできる」気がしている。

自分の可能性も試してみたい・・・が・・・

特別コレ!という【得意なもの】が見当たらない。

自分のウリがわからない、

だから、一歩がふみだせない。

これは実は、とても多い悩みなんです。

それでは、ちょっとリラックスした状態で、

じっくり時間をとって考えてみてください。

・子供のころ、なにになりたかったですか?
・子供のころに好きだったこと、ワクワクしたことはどんなことですか?
・学生時代に熱中したことはありますか?
・やりたかったけど、周りに反対されてあきらめたことはありますか?
・人に感謝されることはありますか?
(スキルがあり、役に立つ)
(これをしてもらって、助かった・・・と言われる)

 

成功するために必要なことは、

その仕事が「好きである」ことが第一です。

好きじゃないけど、儲かるから・・・という理由では、

最初はいいかもしれませんが、

長続きしないし、自分が辛くなります。

上記、「自分がなりたかったこと」や

「ワクワクしてたこと」を、

今、ビジネスに活かせないか、

考えてみてください。

なにも、完璧なプロである必要はないんですよ。

人より「ちょっと上」であれば、じゅうぶん人に教えられます。

その「ちょっと上」も、ちゃんと勉強すれば、

すぐにマスターできるレベルでいいのです。

すごい知識や技術がなくても、

困っている人の、ちょっと先の「先輩」のような感じでいられたら

十分、納得されるのです。

ただし、同じような人はたくさんいます。

そういう人たちにまぎれないように

自分が選ばれるためには、

自分のウリやUSPをはっきりさせていくことが大事です。

USPとは、自分(自製品)のみが持つ独特の強みのこと。

顧客に対して売り込みが効く主張、提案であり、

他社との差別化が主張できる強みのことです。

起業前に、このあたりのことを明確にしてから

計画を立てていきましょう!

スポンサーリンク