あなたの周りにもいませんか?

いつも何かに悩んで、混乱し、さまよっている人が・・・。

 

あちらへ行ったかと思えば今度はこちら、

何かを始めたと思ったら、もう別のことをしている。

一本の道を行ったかと思ったら、すぐに引き返して反対へ・・・

あなた自身は、思い当たりませんか?

 

こういう人たちの問題点は、

「自分の求めることがわかっていない」ということです

目標がわからなければ、当然向かうこともできません。

 

自分の夢、目標がまだ見つかっていない、または迷いがある人は、

ちゃんと時間をとり、机に向かって紙に書き出してみましょう。

 

どこか、リラックスできる場所で、自分がなりたいもの、分かち合いたいこと、見たいもの、生み出したいと思うもの・・・

じっくり考えてみてください。

 

そして、次は「どうすれば、そこへたどりつけるのか」を考えてみてください。

 

大切なことを、ひとつ言っておきます。

可能性に限界を作ってはいけません

もし、「絶対に成功する」とわかっていたらあなたは何をするでしょうか?

できるだけ具体的に、細かいところまではっきりしていればしているほど結果を出すパワーは強くなります。

夢や、なりたいもの、欲しいもの、したいこと・・・

 

これらを限界なく書き出したら「いつまでに」これができそう(手に入れられそう)か、

そして、それらを達成するために「自分がどんな人間にならなくてはいけないか」

というところまで考えてみましょう。

 

こうして頭が整理された時、人は「行動」でき、

目標に向かってしっかりと歩くことができるのです。

 

スポンサーリンク