あなたは、「思い込み」によって、

自分の能力に限界をつくっていませんか?

誰でも、過去に一度や二度くらいは

「やり始めたけど途中で投げ出した」

という経験があるでしょう。

 

そうすると、その経験をもとに、

「どうせ自分には能力がない」とか

「何をやっても続かず、無理だ」と

信じ込んでしまうことがあるのです。

 

さらに、過去に成功した経験がないと、

これからも成功できるはずがないと

思い込んでしまうのです。

 

そうして、自分が痛い思いをしないために

「現実的」に考え、失敗しないように

生きていくようになります。

 

しかし、偉大な功績をあげた人が

「現実的」であることはほとんどなく、

楽観的に自分の理想を追い求めているのです。

 

もしあなたが、

現実的なことばかりを理由に

逃げているのなら・・・

 

そこを変えない限り、大きな成果を

あげることはできないでしょう。

 

スポンサーリンク