パソコンで作業することに対して

難しそうで、苦手・・・

ちょっといじったらわからなくなってしまった!

・・・など、苦手意識を持っている方に苦手意識克服のための方法をお伝えします。

 

まずパソコンとは、使いやすく壊れず安定して作業ができるようになっているものなのです。

ちょっと触った位で壊れたりしません(笑)

 

各メーカーがしのぎを削り、あなたが簡単に便利に使えるように設定して作られているのです。

ですから、まずマインドを変えていくことが大事です。

使う前から難しいとか面倒だとか思ってしまい、恐怖が苦手意識となっていることが多いのです。

パソコンを使うときに、

 

「怖い」や「めんどくさい」ではなく、

「パソコンって、すごい!」

「こんなことができるんだ~!」と、

ワクワク楽しい気持ちで触ってみましょう(^^)

 

☆パソコンの構造

パソコンを開くと(普段、開くことないですけどね・・・)難しい回路が入っていてごちゃごちゃしていますが、そこはあなたが触るところではありませんので関係ありませんね。

パソコンを動かすのは、この3つです。

① CPU

考える部分です。

この機械は、あなたの言うことを(操作)を

「了解!」と何でも聞いてくれるものです

② メモリ

作業机だと思ってください。

あなたの命令を聞いて作業をしてくれる机です

③ HDD (ハードディスク)

本棚のようなものです。

あなたはキーボードやマウスを使って、指示をしています。それを、考える部分であるCPUが考えた結果をディスプレイ(画面)に表示してくれます。

パソコンは命令をして 考えて結果を表示すると言う流れを繰り返しています。

パソコンは意地悪などせず、あなたの求めた結果をすぐに出してくれます。

 

☆検索するサイト

Google や Yahoo!などの「検索エンジン」というものがあります。

わからないことが出てきたらすぐに検索する癖をつけましょう。

これができれば、あらゆることを自分で調べ、ほとんどのケースで解決することができます。

 

ぜひ、自分のパソコンに愛着を持って、毎日、少しの時間でいいから触れてあげてください。

恋人と同じで、一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、愛が深まりますよ(笑)

 

スポンサーリンク