自分がどれだけ幸せか、という事は自分の心が決めることです。

全く同じ状況、出来事でも、幸せと思う人もいれば不幸だと思う人もいるわけです。

それは人それぞれの人生観次第であり、人の癖みたいなもので、

なんでも不幸と結びつけて悪い方悪い方に考える人もいれば

常に幸せを感じ、感謝の気持ちを持って過ごしている人もいるのです。

 

ところで

どれぐらい幸せを感じるかは、練習することで増やすことができるのを知っていますか?

 

毎日少しの時間(1~2分)でいいから幸せを意識的に感じる練習をしてみましょう。

自分の人生で1番幸せだった時を思い出し、その時の気分をもう一度体験してみるのです。

 

また、小さな事でも構いません。

今日、おいしいご飯が食べられたこと、

自分の家があって休む場所があること、

家族や友人がいること・・・

 

当たり前のようですが、世界的にはこんなことさえもできない人々がたくさんいるのです。

 

すべてのことに感謝の気持ちを持ち、優しい心になれた時、人は幸せを感じることができます。

 

幸せは、自尊心と同様、個人の責任です。

他人があなたを幸せにしてくれることも、ときにはあるでしょうが、最終的にはあなた自身の心の持ちよう…と言うことになります。

 

これでみんな、「幸せ」になれますように!

 

スポンサーリンク