新聞、テレビなどのメディアを、そのまま信じてはいませんか?

もしそうなら、すべてを鵜呑みにして信じてはいけません。

もちろん、それらのメディアが 「間違っている」 というわけではなく、

結局、その記事や番組も、一人の記者またはディレクターなどが作っている、

その人の見た 「ある一面」 しか書かれていないのです。

 

とくに、「権威者がそう言っているから」という思い込みには注意が必要です。

権威者がすべての真理を知っているとは限らないし、権威者同士の間でも、意見が食い違うことはよくあることだそうです。

 

世の中には「絶対的に正しいこと」はありません。

全ては見えないのです。

インターネットビジネス、ひとつとっても、

「あやしい、だまされる」

という、まったくの拒絶反応を示す人もいれば、

「うまくいく人もいるかもしれないが、そんなに甘くないから、一般人には無理だ」

という、中間的な考えの人もいる一方、

パソコンの苦手な、フツーの主婦が、何億も稼いでいたりする。

 

この3人の話を、最初にどの人から聞くかによって、

あなたのインターネットビジネスの印象は、全く違うでしょう。

 

なにが言いたいかというと、

ひとつの事柄について、必ず多方面から眺めてほしいのです。

ある一定の人だけの意見を聞くのではなく、

(それを否定するのではないんですよ!)

自分で考えて、時にはいろいろ調べて、裏側からも見てみて、

そして自分で判断してください。

素直なのはある意味いいのですが、「鵜呑み」にするのとは違いますよ!

スポンサーリンク