勉強にも、料理にも、スポーツにも、上達するための「共通のコツ」があります。

まず、【基礎】を最初に徹底的に学ぶこと!

ノウハウとか、応用の技術ではなく、その分野の基本的な部分です。

そして、その分野の先輩たちから、【勉強の仕方】を先に聞くのです。

実際の勉強内容ではなく、どのように勉強していったら効率的か、ということを知るのです。

よくある勉強本は、「HOW」は充実しているけど、その前提となる「WHY」(なぜ勉強するのか)についてはあいまいなことが多いのです。

なので、学ぶ対象の「基本思想」を理解することが大事です。

こうやって基礎的なことがわかってきた後に実際に学び始めたら、それを自分の言葉でアウトプットしていきます。

アウトプットしていくことで、知識がきちんと定着していきます。

しかし、長続きできない人が多くいるのも事実です。

イヤイヤやっていたら、誰だって面白くなく、つらいだけです。

なによりも、「学ぶこと」「自分自身の成長」をワクワク楽しみながらでないと、続きません。

そもそも、人間の性質として、なかなか成果の現れないものよりも、目の前に迫る大事なことを優先するようにできているのです。

今日学んだことが、明日すぐに成果になるということは少ないですから、数か月、もしかしたら数年後の成果よりも今日の楽しみや遊び、眠りなどを優先してしまうのです。

これは実は、狩猟採集時代、目の前の欲求を優先しなければ生きていけなかった、防衛本能の名残なんだそうです。

しかし現代は、この防衛はあまり必要ありませんね・・・。

もちろん、無理して睡眠をけずったり、なにもかもを我慢して、という必要はありませんが、自分自身を管理しながらうまく時間を使って、学び続けていきましょう!

スポンサーリンク