【大切なのは、「何が与えられているか」ではなく、「与えられたものをどう使うか」】


嫌われる勇気

 

「何が与えられているか」・・・つまり、

家がお金持ちか、貧乏か、とか

イケメンに生まれたか、ブサイクか、とか

運動能力がすごく高いとか低いとか。

持って生まれたものや環境などに不満を持ったって、どうにもなりません。

 

そんなことで悩むより、すでに持っているものを「どう使っていくか」が大事です。

 

自分が何を持っていて、どんな役に立つのかを考えてみてください。

決めるのは、昨日でも明日でもありません。今、ここで決めてください。

 

そして、

他人が自分に何をしてくれるか?ではなく、

自分が他人に何をできるか?を考え、

実践していただきたいのです。

 


 

何か問題が起こった時、原因論的に

「どうしてこんなことになったのか?」と

過去を振り返ることにどれだけの意味があるのでしょうか。

そんな時こそ前を見て、これから何ができるのかを考えるべきなのです。

 

自分は、他の誰かが変えてくれるものではなく、

「自分」によってしか変わりえないのです。

私が変われば世界が変わる。

「今、ここ」で、変わる決心をしてみませんか?

 

まずは、 嫌われる勇気 読んでみてください。

人生観が変わりますよ♪

 

スポンサーリンク