この話は、学生の頃からよく聞かされることなので、「知ってるよ」という方もいるでしょうが、

そうは言っても「できていない」人が多いので、改めて取り上げてみました。

 

例えば、なにかのセミナーに参加した時や、大事な人の話を聞くとき、

講師の方の言葉を聞き逃さず、しっかりメモしよう!と必死に書きまくって、

家に帰ってからそのメモを見返してみると、なんだかよくわからない・・・

なんの話だっけ?みたいな経験は、ありませんか?

 

もし、あなたが

「この話は、大事そうだから、しっかり理解したい!」と思ったなら、

言葉を書き写してメモをとるよりも、

「この話を、帰ってから誰かに話して(教えて)みよう」という視点で

聞いてみてください。

自然と、聞きながら「ここは、こう言った方がわかりやすいかな?」

「こんな例えを使ってみよう!」など、頭の中であれこれ整理しながら

聞くことができます。

 

学習には、段階があります。

 

まずは、ひとりで学びます。

そして、わからなければ、ひとに聞いて、教えてもらいます。

そして、自分が理解できた時、人に教えてあげるのです。(情報発信)

つまり、アウトプットすることで、本当に自分の中に落とし込むことができるのです。

実は、「教えてあげた人」が、一番勉強になっているのです。

 

私も、インターネットビジネスを始めたころ、無料・有料も含め

塾や教材で勉強をしました。

それは、今思い返しても いいことではあるのですが、

「勉強するだけ」で満足していたのです。

音声や動画をしっかり見て・聞いて、「ふむふむ」「なるほど!」

知識は増えていきましたが、一切アウトプットしなかったので、

次々と入ってくる情報に押され、最初の方に学んだことなんて、どんどん忘れていく・・・(笑)

 

結局、学んだことは素晴らしい内容だったにもかかわらず、

実践していないのだから、当然、稼げるはずもありませんし、なんの役にも立たないわけです。

 

「たいしたことではなくても」

「誰かが言ってることと同じであっても」

あなたなりの言葉で、どんどん「アウトプット」していってください!

 

スポンサーリンク