======================

失敗して、前に進めない人には2種類ある。

考えたけれど実践しなかった人と、

実践したけど考えなかった人だ。

ローレンス・J・ピーター(教育者・アメリカ)

======================

失敗するのがイヤだから、とか、

ただ単にめんどくさいとかいう理由で、

せっかく良いアイデアがあるのに実践しない人はたくさんいます。

 

そして、似たようなアイデアが世に出ると、

「自分も思ってたのに」と、くやしがります。

 

また、とりあえず やってはみるけど、

物事は最初からなんの問題もなし に順調に進むことなどないのに、

なにか失敗や停滞があったときに、

その原因や理由を考えず、「失敗した」と終えてしまう人も、また多いのです。

 

インターネットビジネスで例えると、

稼ぐぞ!と決めて、塾に入ったり教材を買って勉強したりしても、

それを形にして発信(つまり、実践)しなければ、

なんの意味もありません。

知識が増えるだけで満足なら良いのですが・・・。

 

とりあえず、最初は実践してみた!という人も、

少しやってみて成果が出なかったり、

なにか嫌なことがあったりして、すぐに辞めてしまう人が多すぎます。

 

最初から、順風満帆に、問題なく稼げる人なんていません。

いや、いるのかもしれませんが、そういう人は「天才」ですかね(^^;)

 

ビジネスとは、いろいろなことに対して、「なぜこうなったのか」を検証して

原因や理由を考え、

「もっとよくするにはどうしたらよいか」とか、

考えるべきことは無数にあります。

 

それをせず、言われたことだけをやったけど成果がすぐに見えなくて、

なーんにも考えず、「稼げないじゃん」「サギだ」と

あきらめてしまうと、当然ながら先はありませんよね。

つまり、それが本当の「失敗」です。

 

ビジネスに挑戦している最中に起こる様々なトラブルとか、

成果が出るまでの伸びない時期というのは、

「失敗」ではないので、

きちん と原因を検証して、「考えて、実践する」を繰り返せば、

必ず、道は開けてきます!

 

スポンサーリンク