ビジネスの本質を知る

ビジネスとは何か?

経済活動の形態はたくさんありますが、その仕組みは非常にシンプルです。

ビジネスの仕組みとは、

「世の中の人々が求めている理想(=ニーズ)に対して、製品やサービスを提供することにより喜んでもらい、その見返りとして対価を得る(=儲ける)こと」

なのです。

大企業も、ベンチャー企業も、この仕組みは同じです。

 

ビジネス(起業)したいなら、ビジョンを明確にする

ビジョンとは、これから進むための「道しるべ」ともなります。

起業をしたあと、社会にどんな価値を提供して、どんな会社にして、数年後にはどうなっていたいのか、ビジョン(理想)を描きましょう。

 

 

ビジョンの描き方

ビジョンの描き方に決まったやり方はありませんので、自由でかまいませんが、なかなか決められない人には、最低限おさえておいた方がよいポイントを3つ、お伝えします。

 

ポイント1

まず、今の世の中や、自分の地域、自分の状況などを理解しましょう。

ニュースや新聞を参考にしたり、誰かに聞いてみたりしながら情報を得ていきます。

その中から、社会が求めるニーズを見つけていきます。

 

ポイント2

3年後くらいを目安に、理想のイメージをしてみましょう。

世の中、自分の地域、自分自身はどうなっているでしょう?

 

ポイント3

「やれること」を考えるのではなく、「やりたいこと」から考えるようにしましょう。

いまある資源や経験・ノウハウからやることを考えてしまうと、やれる範囲の枠組みから抜け出すことが、難しくなってしまいます。

自分の経験を生かしていくことも大事ですが、現実可能・不可能はいったん置いて、ゼロの状態から「自分がやりたい!」ことを考えてみましょう。

そうする方が、自分がワクワクするようなビジョンにつながりやすくなりますよ!

 

いかがでしたか?
自分が何をしてみたいのか、ちょっと考えてみませんか?(^^)

スポンサーリンク