なかなか行動できない人の大半は、次の4つのタイプのいずれかに当てはまると思います。
あるいは、この4つの掛け合わせであるかもしれません。

1、不安先行タイプ

チャレンジしたい気持ちがあっても、「失敗したらどうしよう」「バカにされたらどうしよう」「誰も協力してもらえなかったら・・・」など、うまくいかないイメージが先行します。
絶対失敗しない対策を考えているうちに、やる気がなくなってあきらめてしまいます。

2、自信不足タイプ

実績・前例・経験がないから無理、
自分には才能がないからどうせやっても無駄、
ちゃんと調べてから
きちんと準備してから
・・・といった口癖があります。

自分に自信がない、または自分の仕事に自信が持てないことが多いです。
誰かが背中を押してくれたり、オファーしてくれるのを待っています。

3、あれもこれもタイプ

とにかく、やりたいことや予定がいっぱいあります。
やる気も行動力もないわけではないのですが、優先順位がつけられないのです。

タスクがありすぎて、どこから手をつけていいのかわからないので、全部に手をつけようとします。
その結果、たくさん動いているわりには、大事なことを先延ばししてしまい、望むような結果が出ません。

4、時間不足タイプ

「他の仕事の締め切りで忙しい」
「まとまった時間が取れたら」などと言っている事に、時間だけが過ぎていきます。
やるべきことを優先するあまり、本当にやりたいことに使える時間が、後回しになっています。

いかがでしたか?
あなたが当てはまる「タイプ」はありませんでしたか?

このように、なかなか行動できずに、しなければいけないことを先延ばしにしてしまう人は、しっかりとした目標を立てることが解決策のひとつです。

目標の立て方については、また、お話ししていきますね♪

スポンサーリンク