前回、目標の立て方については 「またお話しする」といいましたので、

今日は、その【目標の立て方】について詳しくお話ししていこうと思います。

まずは目標を思いつくままに素直に書いていくことが大切です。

なかなか思いつかない、という方は
「本当はどうしたいか?」を、いつも自分に問いかけると良いでしょう。

目標設定と言うと、何か大きすぎて

自分には無理、難しいと思ってしまう人もいるかもしれません。

でも、本来自分のやりたいことを考えるのって、とっても楽しい時間のはずなんです。

ワクワクすることを考えてみましょう!

 

参考のためにいくつか例を挙げてみますね。

・やってみたいのに、今まで我慢していたこと

・1ヵ月自由な時間があるとしたら、どんなことをしたい?

・子供の頃、夢中になった事は?

・仕事でどんなことを達成したいか

・どんなことについて勉強したいか

・休日はどんなふうに過ごしたいか

・どんな気分で1日を終えたいのか

・どんな家に住みたいか

・行ってみたい場所

・どんなことを体験したいか

・3年後、5年後、10年後、どうなっていたいか

・死ぬ時、絶対後悔したくないことは?

・・・などなど。

ポイントは、「ワクワクすること」ですよ!

 

それでもまだ思いつかない人は、発想を転換して、「嫌なこと」を書き出してみましょう。

やりたくないことを書くことで、あなたの本音・本心がわかることがあります。

やりたくないことの反対が、あなたがやりたいことである場合が多いからです。

こうやって、日ごろから、自分がやりやいことや目標などを意識しておきます。

 

そして、「これだ!」と思う、しっかりとした目標が見つかった時、

そこへ向かうための行動が具体的になり、

「すぐに行動できる人」へと変わっていけるのです。

スポンサーリンク