自分がたてた目標を、

なかなか達成できない・・・と思っていませんか?

例えば、新年に立てた目標を達成するどころか、

年末にはしっかり覚えている人すら、ほとんどいないそうです(笑)

かくいう私も、毎年全然覚えていないので、

ここ数年は、もっぱら

「家族みんな、健康で仲良く過ごせますように」という、

無難な目標(これ、目標なのかな?)にしていました。

 

【あきらめの気持ち=無意識の制限】

この話、知っていますか?

本当は、ものすごく高く跳べる(ジャンプできる)虫を、

小さなガラスケースに閉じ込めて入れておいたら、

跳ぼうと思っても、天井にぶつかって飛べませんよね?

そうすると、やがてフタをとって放しても、跳ばなくなるんだそうです。

これって、どうせ跳べないから、あきらめた、ってことです。

これと同じようなことを経験している人はたくさんいて、

小さい頃から、

「危ないから、やめなさい」

「そっちに行ったらいけませんよ」

と、あらかじめ危険な区域に出ないように囲われて

危険なこと(ほかの人がしないこと)をしないように制限されて、

無意識のうちに、安全圏から出ないようになります。

やがて、それに慣れて、出ないことが当たり前、

当たり前の毎日が心地よいと感じるようになります。

 

一歩踏み出してこそ、思い通りの自分になれる

でも、なにか「成功したい」「やりたい」ことがあるなら、

安全圏から出ないと、それは実現しません。

多くの人は、先ほどの話の「跳べない虫」のように、

本当はできるのに、心にブレーキをかけて、

どうせ無理、とか 成功してる人は特別な人なんだ、とか思ってしまってるんです。

今の、「安全圏」の中の自分とその環境を、

全く変えずに、そのままで成功できると思いますか?

一歩出てチャレンジしてこそ、成功があるんです。

なにか、一歩踏み出せる自分になってね、ってこと(^^)

 

スポンサーリンク